摘果の合間に。

f:id:maruchan_seisan:20180519141539j:plain

JM7の盛り土。

この株はJM7台のリンゴの木をちょっと株を残して伐採し、周りの土を除去して

株周りの根を露出させ、そこに細かな傷を沢山入れてまず第1段階として沢山芽を出させて新梢をつくり、本年春にそれを倒伏させ、可能な限り多くの芽を動かす為にタイミングをみて芽傷を入れ、それがある程度伸びてきたので本日盛り土をしました。素人の方には文章で書いてもよくわからない感じですが、まぁそんな2年越しの仕事の感じです。

JM7は多軸化に展開させるのにはなかなか良い台木じゃないかなって思ってます。M9台も生産性の高い素敵な台ですが、園地や気象状況に合わせて色々な選択肢があったほうがいいんじゃない?ということです。

 

f:id:maruchan_seisan:20180519163230j:plain

2年目の苗木。

来年春に植える用に準備している苗木です。この一列で500本ぐらいです。風に揺られすぎないように固定したり、2軸にするための準備をしたりなど色々対処してました。この列の苗木は軸の発出具合によって生育のステージがそれぞれ異なります。医者が患者を診るように、苗木の状況に合わせて一本ずつ対応しています。

自分で言うのもなんですが、本日も精魂込めた仕事を致しました。よくやった自分!

ということで本日は摘果を少しお休みして苗木のお仕事してました。夕方北風が冷たかったです。