咖喱料理教室。

先日、松本の音楽喫茶something tenderの咖喱料理教室に参加しました。

今年第1回目の教室でしたが、シンプルなチキンカレーを作りました。この教室は実習を伴うものではなく、レシピを参照しながら、目の前で繰り広げられる先生の調理を見て学び、帰宅後再現してみるというものでした。とても親切かつユーモアにあふれた解説で、心から楽しみながらスパイスカレーの調理を学ぶことができました。

 

実は僕は以前タイカレー教室なるものに参加したことがあるのですが、それは実習を伴うものでした。今回実習はなかったのですが、実は聴く時はしっかり聴くことに集中して、調理は後に一人で集中して行った方が、なんというか自分の場合、頭に定着しやすい気がしました。これもちょっとした発見というか学習でした。

 

教室では、学んだカレーを自宅で再現するために、教室で使用したものと同じスパイスをセットとして、1回の調理分(4~5人前)用意してくださっていて、必要な方は買うことができました。これもとても良いなと思いました。

 

次は2月。興味のある方は是非。

 

 

自宅で再現した写真です。教室のスパイスセットを購入。

f:id:maruchan_seisan:20190120183710j:plain

スパイス。クミンシード、カシア、クローブ、カルダモン、シナモンリーフ、ターメリックパウダー、カイエンヌペッパーパウダー、コリアンダー

玉ねげ。トマトジュース(無塩)。ニンニクとショウガを同量すりおろしたもの。僕はここに少しりんごをすりおろしたものを加えました。雰囲気はほぼ化学実験。

 

f:id:maruchan_seisan:20190120185308j:plain

f:id:maruchan_seisan:20190120185435j:plain

f:id:maruchan_seisan:20190120191030j:plain

ヨーグルトとマリネしておいた鶏肉を、スパイス等加えて炒めてきた玉ねぎに加えたところ。

f:id:maruchan_seisan:20190120194758j:plain

鶏ガラスープを入れて、弱火で煮始めたところ。

 

f:id:maruchan_seisan:20190120195350j:plain

はっきり言って、美味い!