f:id:maruchan_seisan:20180131110823j:plain

ラニースミス/M26。4軸仕立て。今年で3年目。

 2軸を左右に広げて軸の上にたった枝を利用して4軸化するパターンの仕立て方です。

背景のため樹体が少し見にくいですが、写真左の木は分岐部から20㎝上のところで左の軸は右の軸より約35%(円周)太い状況です。右の木は同様に約25%太い状況です。あえて左右の軸の太さが異なる木を植えて、自分の知識と技量で長期的に左右の軸をバランスよくコントロールできるか試しています。太い軸側は夏季剪定を中心に鋏を入れ、細い方は極力鋏を入れず、きちんと垂直を確保し上部へのびのびと伸びるようにしています。ひとつの樹体で剪定する時期を分けています。

 

f:id:maruchan_seisan:20180131110931j:plain

約35%差の木

 

f:id:maruchan_seisan:20180131111306j:plain

25%差の